実は摂りすぎは厳禁の乳酸菌!!

乳酸菌は整腸効果免疫アップ色んな効果が期待できるので、ヨーグルトや発酵食品にサプリメントを利用する人もいるはず。
特に便秘の改善に乳酸菌を摂取している人は、ついつい食べ過ぎたりとりすぎてしまう事もあるようです。体に大切な乳酸菌ですが、摂りすぎて体に影響がないか心配ではありませんか?

 

 

乳酸菌を摂りすぎるとどうなるの?

乳酸菌は体内にも多生なりとも存在する善玉菌の事!

乳酸菌は体に入ると、色んな善玉菌と一緒に悪玉菌の餌になったり悪玉菌退治の為に働きます。サポート的な立場にいる乳酸菌ですが、酸に弱いので胃酸や肝臓で分解されて腸内にたどり着くのは僅かです。

 

それでも酸に強い乳酸菌死んでも働く乳酸菌のお陰で、腸の働きを高めてくれます。その為にはたくさんの乳酸菌が必要になるので、食事やなんやで摂取する必要があります。ところがたくさんの乳酸菌を腸に運んでしまうと、善玉菌としての定着が悪く便になって排出されてしまいます

 

 

あれ?摂りすぎはやっぱり良くなかった!

腸は非常にデリケートなのでストレスにより下痢や便秘になりやすいもの。

だからと行って乳酸菌の多い乳酸菌を摂りすぎてしまうと、脂肪分も余分に摂取しているので肥満の原因になってしまう事も
腸内をキレイにして健康にする筈が、太ってしまとては元もこもありません!
乳酸菌摂取するなら、乳製品だけにこだわらずに脂肪分の少ない味噌や納豆、サプリメントを上手に使いましょう

 

 

乳酸菌で下痢になる?

乳酸菌を摂りすぎた為に下痢になった・・・なんて話がありますが、乳酸菌が原因ではなく乳酸菌により乳酸や酢酸が多く作られてしまい大腸の働きを活発にしてしまった結果お腹がユルくなってしまうんですね。また体調が悪かったり、胃の調子が低下していると糖質や脂質の分解が出来ていない事になるので当然ですが乳酸菌効果も相成って下痢になりやすくなります。

 

 

乳酸菌は1日どれくらいが適量?

乳酸菌って利口なので、必要とする分がないと腸内に留まり、多いと排出されていくので1日にどれくらいが適量かは特別な規定はありません。
但し乳酸菌を含む食品の中には脂肪分が多いものがあるので、それを摂りすぎると腸が働きすぎて下痢になりやすくなります。
乳酸菌は質の良いものを適量に摂取することで悪玉菌を退治する為に働くので、食品は適量をサプリメント等で定期的に摂るのがベスト!

 

肥満にならないように脂質を控えたものを選ぶのが一番良いと思いますし、調整が難しくて面倒ならサプリメントが一番バランスも良いと思いますよ。

ヨーグルトなら糖質を含まないものを選んだり、ビフィズス菌等を含んだものを食べると良いですね。食品では、脂質糖質塩分も考えた方がより健康的!

 

 

まとめ

乳酸菌の摂りすぎが良くないわけでなく、乳酸菌を何で摂取するかが大きな問題です。いくら体に必要だから、良いからと摂りすぎは良くないって事なんですよ。