乳酸菌パワーを知っておきたい!!

最近話題の乳酸菌ですが「ビフィズス菌と何が違うの?」って思いませんか?お腹の中にはたくさんの菌があるとか、あの菌よりこの菌が良いとか言われてもサッパリですよね。
ヨーグルトを作るのは乳酸菌ビフィズス菌は腸内に住みついているくらいの区別しかないもの。
今回は「乳酸菌」の底知れないパワーを紹介していきます!

 

 

腸内にはたくさんの菌が住んでいる!!

ギャーなんて言わないでくださいね(笑)私達の体にはたくさんの菌が共存しています

アクネ菌は皮膚に住んでいるし、他にも色んな菌が私達の体を守ってるんですよ。善玉菌と呼ばれるのは、体には嬉しい菌ですが便秘の原因や病気を作り出す悪玉菌というのも完璧に排除は出来ないんです。
実はこの科学が進歩した現代でも、知られていない菌がたくさんあります。その菌は、生活習慣の乱れ加齢活性化酸素脂質の多い食事によって生態バランスが崩れてしまい疾病を引き起こしてしまいます。

 

 

ビフィズス菌は善玉菌

善玉菌と呼ばれるのはビフィズス菌で、離乳期が始ってから徐々に減るんですが成人すると体に大切な量が安定しキープします。

ところが加齢でこれが減ると悪玉菌が増えてしまい病気になりやすいわけです。ビフィズス菌が腸内にいるのと違い、乳酸菌はヨーグルトやチーズ、牛乳によって摂取しない限りは体には入り込みません

 

体を作るためのエネルギーを得る為には糖質を分解して乳酸を作らなくてはならないんですね。
その大切な働きをするのが乳酸菌で、乳酸により酢酸が体で作られるので体を弱酸性にしてくれます。早い話が、悪玉菌を退治する為に乳酸菌はスゴい働きをするわけですね。

 

 

乳酸菌は死んでも働き続ける!

スーパーヒーローの如し乳酸菌!
よく乳酸菌は胃酸胆汁で溶けて死ぬから役に立たないとか言いますよね。確かに、胃酸や胆汁は強力なので志半ばで倒れる乳酸菌もいます。
ヨーグルトに使われる乳酸菌のように、発酵されると消化や吸収の高い乳酸菌に変化するので、死んだところで役に立たないわけではないんです。
生きたままの乳酸菌も死んでしまう乳酸菌も、私達の体で大切な働きをしてくれるので「ヨーグルトや牛乳は無駄」と言わずに乳酸菌を摂取する事が大切なのです!

 

腸内がお城だとすれば、乳酸菌は足軽で自分の殿様の為にせっせと働き生きているものは腸を支え、死しても殿様を守るためにあちこちで悪玉菌と戦うって感じです。乳酸菌は勢力拡大の為にビフィズス菌と言う味方を強くする命がけのヒーローなんですね。

 

 

まとめ

生きた乳酸菌は腸内の環境を良くするために善玉菌の餌になり、死んだ乳酸菌は腸内の掃除をする食物繊維のような働きをしてくれます。
だから乳酸菌って体にはとても大切で必要なもの。毎日乳酸菌を摂取する事で腸内フローラはエブリディお花畑♪老廃物知らずの、キレイなお腹をキープできるんです。便秘の改善や健康効果、ダイエットサポートと万能ってことですね。