この違い知らないと恥ずかしいかも!!

今、乳酸菌がスゴい!美と健康には欠かせません♪」でも書きましたが、ビフィズス菌は善玉菌の1つなので乳酸菌だと勘違いしている人も多いようです。菌の性質も異なるので、体への効果も違うんですよ!今回は乳酸菌とビフィズス菌の違いをじっくり検証します!!

 

 

ビフィズス菌と乳酸菌って何が違うの?

乳酸菌もビフィズス菌も善玉菌の1つで、お腹に良いのは知っての通り!

ヨーグルトや乳製品にも使われていて、整腸作用があるのはどちらも同じ何ですが、生物学としては異なる菌でややこしいんですよね。

 

 

 

ビフィズス菌はどんな菌?

乳酸酢酸を作り出すのはビフィズス菌
善玉菌の殆どはこのビフィズス菌で、特徴的な型をしているのも名前の由来になってるんですよ。
顕微鏡で見るとYやVの型をしてるんですが、この独特な型からラテン語の「分岐」の意味を持っているビフィズスがつけられたそうです。

 

腸内で糖を分解して乳酸を作るのは勿論ですが、殺菌効果の高い酢酸やビタミンB、葉酸を作るので厳密には「乳酸菌」には分類されないんですね。
乳酸菌の定義は、糖を分解して作られる代謝物の半分以上が乳酸である事。酢酸を作るビフィズス菌は善玉菌ではあるんですが「乳酸菌」じゃないんですね。
ビフィズス菌は酸素を嫌うので、大腸に住んでいるのも腸内を健康にしてくれる働きをするそうです。

 

 

乳酸菌にはどんな特徴があるの?

ビフィズス菌は元々体の中に存在する善玉菌なので、減らさないようにサプリメントや食事で増やすことが大切。

反対に乳酸菌は体に住み着いていないので、年齢を問わずに自発的に摂取する必要があるんです。
ビフィズス菌は常に、乳酸と酢酸を作って腸の内部を酸性になるようにコントロールしてるんです。
乳酸菌はそんなビフィズス菌をサポートして、お腹にビフィズス菌が増えやすく悪玉菌を退治しやすい環境を作るわけです。

 

乳酸菌は体にも存在しない菌ではないのですが、主に食事により乳酸菌は体に取り入れられビフィズス菌の餌になるわけです。ビフィズス菌も乳酸菌も腸内には必要な菌なので、乳製品や発酵食品で乳酸菌を取り入れるだけでなくサプリメントヨーグルトを上手く利用して同時に摂取するのが体には良いって事です。

 

ヨーグルトは主に乳酸菌で発酵されているので、ビフィズス菌入りのものや乳酸菌とビフィズス菌が同時に摂取できるサプリメントを利用するのが一番良いんです。

乳酸菌は体のあちこちにいるのは。酸素がある場所でも活動できるからで、ビフィズス菌は酸素があると生きてはいけないので大腸にしか存在しない為。同じ菌でも、これだけ違うって不思議ですね。

 

 

まとめ

良く「腸内環境を良くするにはビフィズス菌と乳酸菌どっちが良い?!」なんて騒がれますが、どちらも腸にはなくてはならない大切なもの。どちらもバランス良く取り入れていくことが必要!
どちらが腸には大切ではなく、どちらも大切ってことを忘れてはいけませんよね。