親が太ってると私も太りやすいの?

何を食べても太る人もいれば、太らない人もいます。食べ方や体質にもよりますが、女性の場合には太りやすい期間もあるので注意が必要です。親が太ってると太りやすいと言うのは『食生活』に問題がありますが、全員ではないですよね。太りやすい人は食べているものや食べ方にも問題があるのです。

 

どうして太りやすいのですか?

 

太りやすい人を見てみると、運動不足や代謝低下が見られます。中には食事に気をつけていても痩せないと嘆く人もいるのではありませんか?太るのは、体に余分な脂肪や水分が溜まりやすく排出されていないのが原因です。これがしっかりとサイクルが出来ていないと、太りやすく痩せにくい体になります。

 

また子供の頃に、太る習慣をつけると脂肪細胞が増えてしまい、ちょっとした事で太りやすくなるんですよ。脂肪細胞は一度増えると、減らすのが難しいので日頃から食事は気をつける必要があります。中年以降は、代謝の低下により脂肪の燃焼が悪くなってしまうために一度太ると痩せにくくなるのです。反対に異常に食べる量を落としても、代謝が低下しやすく脳が飢餓を感知して脂肪を蓄えていきますので太りやすくなるのです。

 

食事を抜くようなダイエットは、体が反対に脂肪を蓄えるので痩せにくく、リバウンドしやすくなるんですね。一時的に痩せても、食べれば戻ったり更に太ってしまった・・・そんな悩みを持った人もいますよね?太る・痩せるは代謝と細胞が関係しているので、いかに代謝を高くして痩せやすい体を作るかが大切なんですよ。

 

こんな食べ物が好きなら太りやすくなります!

 

スナックや唐揚げ、ケーキ等のスイーツは太りやすい食べ物の代表ですね。これらには、脂質に糖質、そして炭水化物が含まれています。脂質や糖質が含まれたものは味もしっかりしているので『美味しい』と脳が覚えてしまいます。麻薬と一緒で、ついつい手が出てしまうので食べ過ぎてしまう人も多いですね。炭水化物だけでなく脂質や糖質にはエネルギー豊富ですから、体を動かす為にも重要ですが『食べ過ぎてしまう』事により、エネルギーとならない分は脂肪として蓄積されてしまうのです。食べたら運動すれば良い♪と簡単に考える人もいますが、どんなに激しい運動をしても消費するカロリーは炭水化物や脂質・糖質の何分の一程度ですから、毎日食べれば太るのは当然でしょう。

 

筋肉のない人は太りやすい

 

筋肉がない人は脂肪が多く、運動も苦手ではありませんか?筋肉がなければ、体を働かせる代謝が上手く働き過ぎません。代謝が働かなければ、カロリー消費もありませんから食べるだけ脂肪となり蓄積されていきます。そうならない為には適度な運動で筋肉を鍛えることが大切なんですね。筋肉が衰えれば太るだけでなく、腰痛の原因にもなりますし、代謝がどんどん低下すれば体に老廃物が溜まり病気の原因にもなってしまうんですよ。

 

まとめ

 

『ポッチャリ』しているのは健康的で魅力もありますが、それも過ぎれば『太っているだけ』ですよね。体が健康であれば良いのですが、不健康な体はノーサンキューではありませんか?早食いや油っこい食事にスイーツを少し我慢して、体を動かしませんか?食事を見直して、正しい習慣をつけることで誰もがキレイに痩せやすい体になります。努力なくして痩せる事はできませんが結果は必ずついときます。諦めずに一歩一歩進んでいきましょう。