健康オイルに加えたいココナッツオイル♪

和食では油を使う料理は少ないのですが、最近ではエゴマ油アニマ油等の健康効果のあるものが話題になっています。その中でも、スキンケアにも使えるココナッツオイルが人気急上昇で♪話題ですね。毎日食べると痩せる・美肌等と言われますが「油を毎日食べて大丈夫?」と心配な人もいると思います。気になるのは中性脂肪やコレステロール値!ココナッツオイルは中性脂肪を減少させると言いますが、本当でしょうか?

 

 

 

ココナッツオイルは、飽和脂肪酸!

通常、飽和脂肪酸は肥満や心臓病に動脈硬化リスクを高くするので避けた方が良いと言われています。

不飽和脂肪酸は健康によいと言われているのに、ココナッツオイルは、飽和脂肪酸なんですよね。実は飽和脂肪酸には3つの脂肪酸があり「短鎖脂肪酸」「中鎖脂肪酸」「長鎖脂肪酸」があります。この脂肪酸は働きが全く異なっていて、ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸を60%も含んでいるんです。

 

 

 

中鎖脂肪酸の何が良いの?
脂肪酸の中でも、連結の短い中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸と比べると、体に吸収されてエネルギーに変換される迄が素早いことが解っています。燃焼率が高く早いので、脂肪に変換されにくく体脂肪やコレステロールになりにくいんです。
ココナッツオイルの成分には、代謝を高めるものが多いのでコレステロールも悪玉を抑えて善玉コレステロールを増やすことも出来るんですね。

加齢と共に代謝が落ちていき、それが脂肪になってしまうわけですから「燃焼率を上げて脂肪になりにくい」ココナッツオイルは、非常に良いオイルと言えるんです!中鎖脂肪酸は、代謝に使われるので中性脂肪になりにくいと同時に、体内の中性脂肪を減少させてくれるんですね!

 

 

 

ココナッツオイルで中性脂肪を撃退!
ココナッツオイルは、そのまま食べても料理にも使えます。だからと言って「食べてるから確実に中性脂肪を減らせる」わけではありません。油だけが中性脂肪やコレステロール値を高くするわけではなく、糖質の摂りすぎも良くないんですね。
お菓子デザート作りにもココナッツオイルは、使えますが「野菜もしっかりバランス良く」食べなければ意味がありません。ココナッツオイルは、通常のオイルの代わりに使うのでココナッツオイルを使うなら他のオイルは控える事や必ずヴァージンココナッツオイルを使うようにしてくださいね!添加物の含んでいるココナッツオイルでは中性脂肪は減りませんし、体に余分なものを取り入れてしまいます!毎日食べれば確かに良いのですが、お腹の調子がユルくなるなら控えるなど加減してくださいね。

 

 

 

まとめ

家族で健康な生活を送りたい人や、体重の増加が気になるのであれば、ココナッツオイルを試す価値は充分にあると思います。ココナッツオイルには代謝アップに免疫向上などの素晴らしい効能があります。中性脂肪を減らすだけでなく、様々な効果をもたらしてくれるココナッツオイルでこれからも健康なアナタでいてください。