正しいダイエットやってますか?

炭水化物ダイエットは危険がいっぱい?!

 

正しいダイエットやってますか?

 

人気の炭水化物ダイエットですが、1つ間違えると大変な事になると言われています。炭水化物は体のエネルギーとなるので、必要な分は摂取しなくてはなりません。炭水化物ダイエットと糖質制限ダイエットは基本的には同じ意味を持ちますが、どうも炭水化物ダイエットを行う人は『炭水化物断ち』をしてしまい栄養障害を引き起こしている人もいます。偏ったダイエットや知識が中途半端なままに行うダイエットは危険がいっぱいなんですよ。

 

栄養管理と炭水化物ダイエット

 

炭水化物を抑えるだけの簡単なダイエットですが、人間と言うのは『今日から我慢しよう』と思っても直ぐに出来るものではありません。そして炭水化物を抜くと言うことは、今まで以上に食事の栄養をバランスを考えなくてはならないのです。

 

炭水化物の仕組み

 

ダイエットの敵と言われる炭水化物は体でどのような働きをしているかもう一度確認しましょう。炭水化物は消化吸収され糖へと変化します。身体をすこやかにする働きをし、筋肉を作ったり脳の働きを活発にします。

 

炭水化物を抑えると、吸収分解で糖が作られない為に脂肪を分解して体のエネルギーとして使い始めるのです。聞くだけだと『痩せるなら良いよね』と感じますよね。

 

脂肪は分解されるとケトン体に変化し、その際にはケトン臭を発生します。このケトン臭はわきが等の体臭の元になり、尿や便等の排出物の臭いを強くしてしまいます。1日炭水化物を食べないような過激な炭水化物ダイエットは非常に危険です。

 

炭水化物ダイエットはどうして人気になったの?

 

1日の食事の50%は炭水化物であるために、食べ過ぎれば体に脂肪として蓄積されます。それだけでなく炭水化物は糖質に変化するので、血糖値を高めてしまい糖尿病にもなりやすいと言われています。

 

確かに痩せる効果はありますが、極端な炭水化物ダイエットはリバウンドもしやすいもの。炭水化物を抜けば、タンパク質でエネルギーをカバーしなくてはなりません。肉や魚を食べなくては体力的に持たなくなるので、炭水化物の代わりに食べるようになるのですが胃腸や肝臓に負担をかけてしまうので結果的には健康を害してしまいます。

 

炭水化物ダイエットは『炭水化物を食べない』のではなく『摂取量をコントロールする』事が大切です。そもそも『何かを極端に減らしたり、それだけを食べる』ダイエットは今までもいくつもありましたがリバウンドや健康被害が問題になっています。

 

栄養はすべてバランスが大切なので、上手にバランスを考えて必要なものはしっかりと摂取するようにしていきましょう。

 

安心安全な炭水化物ダイエットをするには

炭水化物は体に必要な栄養ですが、そればかりを食べると肥満の原因にもなります。自分が普段食べている量を、先ず2割から3割減らしてみる、玄米に切り換える等して体を馴れさせていきましょう。

 

急激に炭水化物を完全に断まうのは無理ですし、危険です。体に負担をかけないダイエットをすることで元気に美しくなれるはず。安易なダイエットは痩せるどころか体を壊してしまう事を忘れないでくださいね。