やっぱりリバウンドってするの?

炭水化物ダイエットは効果も早く確実と言われますが、実際には正しいダイエット方法を実践せずにリバウンドしてしまう人もいます。どんなダイエットも正しい知識と方法で行わなくては健康的にも良くありませんね。炭水化物ダイエットでリバウンドしない為には何に注意をすべきでしょうか。

 

炭水化物はここが落とし穴

 

炭水化物ダイエットは面倒なカロリー計算が必要なく減量効果も抜群です。ところが『主食だけを抑えれば良い』と勘違いしている人も多く、知らずに炭水化物が含まれているものを口にしている事が多いようです。炭水化物は消化分解されて糖質に変化しますから、糖質を含む野菜ジュースや果物を食べ過ぎると全く意味がありません。

 

カレーやシチューのルーや小麦粉に、片栗粉、味噌やみりんにも糖質はしっかり含まれています。料理に使うものにも炭水化物が含まれていることを理解しないとダイエットどころか痩せることもありません。また、極端に炭水化物を減らすと体には糖質が行き渡らずにエネルギー切れになります。失われたエネルギーは脂肪だけでなく、筋肉からも作られるので基礎代謝がどんどん悪くなり冷えやすい体にもなります。

 

そうなると脳は飢餓状態を感じて、従来は消費するエネルギーを抑え込むので痩せるどころかリバウンドしやすくなるのです。これはホメオスタシス機能と呼び、生命の危険を感じる事で体重が減ることを防いでしまうのです。炭水化物ダイエットを始めたら、ずっと炭水化物を制限しなくてはなくなり通常食にした途端にホメオスタシス機能が働き、食べたものを体に取り込む事でリバウンドとなってしまいます。リバウンドと聞くと『食欲が抑えられなくて食べて太る』と思われていますが、そうではなく少量でも蓄積されるのは同じなんですね。

 

リバウンドしない炭水化物ダイエットとは

 

基本的には菓子類やいも類は控えるのが一番です。菓子類には糖質が多いですから、主食を減らすよりもお菓子を控えた方が確実です。食欲をコントロールする事で、主食の炭水化物を少しだけ抑えればゆっくりですが効果があらわれます。また大切なのは運動です。炭水化物ダイエットは、運動しなくても劇的に体重が落ちますが、運動で筋肉を増やし脂肪を燃焼する事により基礎代謝が高まりリバウンドしにくくなります。炭水化物を抑えれば、誰でも痩せることは出来ますが、それでは単に体がエネルギーを使わないようにする省エネモードになっているだけです。ウォーキングだけでも毎日やれば筋肉は充分に働きます。

 

まとめ

 

リバウンドの原因は過度の炭水化物抜きで、適度に抑えながら日常的に筋肉を強化すれば、そうそう起こるものではありません。どんなダイエットでも『○○するだけ』で痩せると安易にダイエットを始めない事も大切ですよ。人間の体は動く事で、エネルギーが上手く消費され取り入れられていきます。炭水化物ダイエットをしただけで、本当の美しさを手に入れるのは無理です。健康な美しさは、筋肉と脂肪のバランスにより作られています。

 

ダイエットにはリバウンドはつきものですが、それは運動もせずにやるからで適度に筋肉を働かせていれば炭水化物ダイエットも必ずしも危険でリバウンドするとは思えません。炭水化物ダイエットには正しい知識が必要ですから、改めて炭水化物ダイエットとは何かを考えてみてくださいね。