筋肉と炭水化物の関係を知りましょう

美しい体は引き締まった筋肉と丸みを帯びた女性らしい体です。痩せて美しい身体を手に入れるには、多少なり筋肉をつける事が必要になりますが筋トレだけでは実は役不足。健康的に筋肉をつけるには、食事を見直す必要があります。今回は筋肉と炭水化物の関係についてお話ししましょう。

 

筋肉をつけるなら過激なダイエットは×

 

筋肉をつけるためには、素材になる食事から考えていきます。アスリートのようにマッチョな身体になったり話題のダイエットジムのようなボディになるには血の滲むような努力が必要です。ですが美しい筋肉をつけるには素材となる栄養素がバランスよく摂取しているかも大きなポイントになります。筋肉はタンパク質を中心としてビタミンやミネラルに炭水化物や脂質が必要になるのです。ダイエットの為に炭水化物を控えるのは構いませんが必要以上に減らすと筋肉はつきにくくなり脂肪も燃焼しにくくなります。

 

炭水化物の筋肉への働き

 

炭水化物はブドウ糖に分解されて、血液にのり様々な器官に運ばれていきます。細胞は常にブドウ糖を取り込んでエネルギーにしていますが、筋肉ではグリコーゲンに変換されて筋肉が働く時のエネルギーとなります。炭水化物が以上に少ないと筋肉を動かすためのエネルギーがありませんから、少し動くと筋肉は疲労してしまい思うように体は動かなくなります。筋肉と脂肪は一体ですから、筋肉が働かなくては脂肪も燃焼しません。脂肪燃焼には筋肉の力が必要なのですね。もちろん筋肉には貯蔵されたグリコーゲンはありますが、筋肉を使えば減ってしまいます。減ったグリコーゲンを作るには、炭水化物をきちんと摂取する必要があるのです。

 

炭水化物を抜くと痩せる?

 

炭水化物を控えると、蓄積されていた脂肪がエネルギーとなり使われますから簡単に体重も落ちますし、痩せます。肥満外来や糖尿病の食事療法では炭水化物や脂質、塩分の制限で血糖値を安定させて体重を減らしていきます。栄養のバランスも栄養士が監修しますから健康的に体重が落とせるんですね。

 

ところが炭水化物を過剰に抜くとタンパク質を分解してエネルギーにしますから、筋肉や血液が上手く作れなくなり痩せるどころか肌はボロボロになりますし、フラフラして元気も出ません。極端な炭水化物ダイエットは筋力を低下させますから、筋トレで筋肉をつけようとしても力が入らないので上手くつかなくなるのです。炭水化物は美しい筋肉を作る為には無くてはならないもの。極端な炭水化物ダイエットをする前に、食生活を見直して栄養のバランスや塩分の摂りすぎを考えてみましょう。

 

まとめ

 

食べ物をバランスよく適量を摂取する事に加えて、適度な運動で筋肉をつける事が健康かつ美しくリバウンドのないダイエットが出来ます。炭水化物抜きのダイエットは、健康にもなれますが極端すぎると通常食に戻すとリバウンドと高いのです。炭水化物の量を日頃から見直しながら、適度な運動を加える事で筋肉のエネルギーとなり痩せやすくなります。運動は苦手だから炭水化物ダイエットで痩せたい!と安易に考えない事が大切なんですね。